20代女性一人暮らしの夜逃げ?ゴミで山積み汚部屋片づけを業者に依頼

仕事柄、汚部屋やゴミ屋敷などの片づけを依頼されることが多い。
これまで様々な汚部屋やゴミ屋敷を見てきた。

なので自然とゴミを見ただけで大体、年齢や性別など
わかってしまう。

ゴミ屋敷に多いのは孤独なお年寄りで
身体に何らかの障害をもっていたり
精神を病んでいたり何かしらの問題を
抱えているケースがほとんどだ。

ゴミ屋敷 業者 21
以外かもしれないが20代から40代の独身女性も
ゴミ屋敷や汚部屋にしてしまうケースも多い。

多忙なスケジュールからか
独り身というのもあって
部屋の中を散らかし放題にしてしまうようだ。

両親に先立たれてしまい生前に両親が
溜め込んだ引出物や瀬戸物なども
押入れにしまいっぱなしで収納する場所がなくなり
物で溢れかえってしまうケースもある。

こうなってしまうと女性一人では片づけることが
物理的に困難になってしまう。

今回は20代前半の女性かと推測できる。
友達と写ったプリクラや写真がゴミと一緒に置かれていた。
部屋の中はゴミだらけで1メートルの高さに積み上げられていた。
部屋の雰囲気から夜逃げをしたみたいだ。

腐女子という言葉が適正かどうかは
わからない。

男同士の絡み合いが描かれている
漫画が散乱していた。

コンビニ弁当の食いかけや飲みかけのジュース、
ビニール袋、ペットボトル、CDや雑誌、漫画本、
使用済みティッシュ、ビン、缶、スプレー缶、
衣類、段ボールなど・・・

捨てようと思ったけれど諦めたのか
ゴミ袋にゴミが入った状態で何袋も放置されていた。