気が付いた時には汚部屋状態

埼玉県の自宅は賃貸マンションとして借りていましたが、夫婦の荷物が多くて、キャパオーバー気味な事をやや感じながら生活をしていました。
もともと、物に溢れて生活をするのが夫婦して好きなので、最初はそれでも快適に生活ができていました。
時より遊びに来る、親や姉妹からは部屋が汚すぎて落ち着かないと言われたり、殆どの物が不用品に見えるという指摘をもらっていましたが、自分たちはそのような意識はありませんでした。

ゴミ屋敷 業者 24

しかし、分譲マンションを購入する事になり、引越しの荷造りを始め時に、あまりにも部屋が汚くて、不用品が多いことを自分も理解できるようになりました。
この引越しを機会に不用品を捨てると言う決断を夫婦でしたので、そのように動くことにしたのです。
夫が引っ越しに伴うゴミを回収してくれたりする業者さんをネットで探してくれたので、そちらの業者さんに依頼をしました。
見積りは無料で、だいたいの金額の相場を聞いてから、1日で不用品を運びだしてもらいました。
業者さんは手早く、料金的にも納得です。