ゴミ屋敷から引っ越して、気分スッキリ

1人暮らししているときに、ゴミ処理の業者さんを利用しました。

当時はアパレルの企業に勤めていたのですが、繁忙期になると自宅に帰れないヘビーすぎる生活に心が付いていけなくなり、不要な物を片付けるという当たり前の生活が出来なくなりました。

ゴミ屋敷 片付け 業者 03

午前さまで自宅アパートに帰ってくると、メイクを落とさないままベッドに転がりこむ生活。

自炊はほとんどしなかったので、自然と部屋の片隅にコンビニ弁当やペットボトルの山が溜まるようになりました。

「そろそろ、綺麗にしなくちゃ…」と頭で分かってはいるもののゴミの山がうず高く積もるにつれて面倒臭さと恐怖心が出て、どうしようも無くなりました。

私の状態を心配に思った母に促されて、数か月後に引っ越しをおこなうことにしました。

ゴミ山は自分で片付けたくなかったので、不用品処分の業者に依頼してゴミの山を片付けてもらいました。

引っ越しと同時に仕事も変えて、今ではスッキリした環境で暮らしています。気持ちもハッピーです。